Top > 盗聴器の発見「ワイドバンドレシーバーで」

盗聴器の発見「ワイドバンドレシーバーで」

盗聴器を発見する方法はいろいろありますが、受信機による検索もその一つ。これは盗聴器の発信する電波をワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)などで直接受信して発見する方法です。

ワイドバンドレシーバーにはいろいろな種類があり、それぞれ性能・特徴が違いますが、使いやすいものは盗聴波をメモリー登録してあるもので、盗聴電波を自動でキャッチします。

盗聴器の電波形式は一般にはFMで、周波数はVHF/UHF帯の一部に集中していますが、マニアやプロが独自に製作・改造した盗聴器は、それ以外の周波数を利用している恐れがあります。よって盗聴器の発見のためには、メモリー周波数のチェックだけでなく、くまなく受信することをお勧めします。

また、標準で売られているワイドバンドレシーバーは、一部の周波数範囲(170~300MHzおよび470~807MHz周辺)が受信できない状態(Jマーク付き)で売られているので、店員にJマーク解除の方法などを聞いたほうがいいでしょう。

ワイドバンドレシーバーは、インターネットまたは秋葉原などで入手可能。購入する際には5万円から10万円程度の物が望ましいです。

なお、盗聴器を発見したら、すぐにでも排除したいことでしょうが、電話回線上や保安器、コンセントボックス内などは「電気通信事業法」で認められた有資格者でなければ取り外しできませんので、NTTや専門の電気工事業者に依頼しましょう。

 

 プラダブランド  プラダの魅力  H&Mについて
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
盗聴対策「住宅で」(2009年6月19日)
盗聴対策「ネットワークで」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「盗聴器発見機で」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「ワイドバンドレシーバーで」(2009年6月18日)