Top > 盗聴対策「住宅で」

盗聴対策「住宅で」

盗聴は、ほんの十数年前までは特別なことであり、一部の探偵や興信所などが行うもので、一般の人とは無関係なこととされていました。しかし近年は、盗聴器の低価格化や機器の性能の向上、免許や許可が必要ないなど盗聴が容易なことから、盗聴が増えてきています。さらに殺伐とした人間関係や自己本位の人間が増えてきたことなども、盗聴という行為の拡大に拍車がかかっている原因かもしれません。

こんなご時世、「自分には盗聴は関係ない」などと言っていられません。引越しの際などには移転先の住宅の盗聴対策が必要ですし、盗聴が心配な場合もそれなりの対策を講じたほうがいいのは言うまでもありません。

盗聴対策の例としていくつか挙げてみると、
・秋葉原のような電気街やネットショップなどで売られている「盗聴器発見器」を購入して、自身で定期的に調べる。
・カーテンを防音タイプにする。
・ブラインドを使用する。
・不審な来客を自分の部屋に入れない。
・コンクリートマイク妨害装置を使用する。
・携帯電話妨害装置を使用する。
・使用していない電化製品のコンセントはできるだけ抜く。
・盗聴電波をカットする妨害器などを購入し設置する。

上記のような対策を講じても、どうしても不安を消すことができない場合は、良心的な専門の業者を利用するといいでしょう。

一方、意外に知られていないのが、コードレス電話の子機による会話の漏れです。子機は親機と電波で繋がっており、盗聴器が付いていなくても、子機が会話を電波により飛ばしています。この電波は50~100m位まで飛んでおり、無線マニアの人や受信機を持った人が傍受することも可能です。盗聴器が付いていなくても、子機での会話は要注意。大事な話は親機からするようにしたほうがいいでしょう。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
盗聴対策「住宅で」(2009年6月19日)
盗聴対策「ネットワークで」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「盗聴器発見機で」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「ワイドバンドレシーバーで」(2009年6月18日)