Top > 盗聴器の発見「盗聴器発見機で」

盗聴器の発見「盗聴器発見機で」

盗聴器は、性能向上やインターネットの普及によって個人の購入者が増え、盗聴も身近なこととなりました。だから「わたしには盗聴なんて関係ない」なんて言っていられません。「盗聴マニア」なるものも存在する昨今なのです。

このような盗聴の現状から身を守るには、どうすればいいでしょうか。そのためには盗聴器を発見することが一番!

まず電話に仕掛けられた盗聴器。通話中にノイズが出たり、電話の音声が小さくなったりすることが頻繁にあるようでしたら、盗聴を疑ってみましょう。この場合は修理屋などに頼んで見てもらうことです。

また、部屋に仕掛けられた盗聴器を発見するには、盗聴器発見機(電波探知機)を使用するといいでしょう。これは盗聴器から発信されている電波を受信して、メーターやランプ、音の高低などによりその場所を突きとめるもので、盗聴器発見機は電気店やインターネットなどから購入することができます。

盗聴器発見機の値段は数千円から数万円するものまでさまざまですが、購入の際には以下の点に注意するといいでしょう。

・周波数範囲が10MHzから400MHz辺りで動作する機種を探す。
・途中の周波数が欠けているタイプ(盗聴周波数のみに対応させているため誤反応が少ない)で盗聴器以外の周波数を排除した機種。
・電波の強さをLEDなどで詳しく表示できる。
・盗撮対応機能が付いたタイプは無関係な電波にも反応することがあるので避ける。

盗聴器発見機は、盗聴器以外の電気機器などにも反応するため、盗聴器に反応しているのかどうかを見極める能力が必要となります。また、盗聴器発見機は、機種により性能に大きな差があるのも事実。できれば複数の盗聴器発見機を使用するといいでしょう。

 

 H&Mの特徴  キャスキッドソンについて  雑貨ブランドキャスキッドソン
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
盗聴対策「住宅で」(2009年6月19日)
盗聴対策「ネットワークで」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「盗聴器発見機で」(2009年6月18日)
盗聴器の発見「ワイドバンドレシーバーで」(2009年6月18日)